テーマはお寿司です


external image sushi.jpgexternal image sushi_art03.jpg
c4a6_plush_sushi.jpg----
cat_eating_sushi.jpg
導入
お寿司には色々なすしがある。例えば 本当に人気な寿司は、握り寿司まき寿司ちらし寿司おし寿司手巻き寿司だ。 お寿司の言葉は何か?お寿司の本当の意味は酢のご飯の上に魚がのっているということじゃないか?お寿司の序開き ​はいつだろうか?どうしてお寿司が有名になったか?だれかお寿司が好きか?アメリカと日本以外に他の国にはお寿司が有名なのか。

お寿司の歴史
先ず、お寿司はどうして始めるということは大事なのではないか?寿司の序開きは千年ぐらい前に始まった。先ず、ておけの中に石があるそして。石の下にしおの米と魚をかさねてあるそれから。 さんそ抜きでに一年から三年まではっこうしていった。後で、はっこうしていた米をすてる。でも、はっこうしていた魚だけ食べる普通であった。それはなれ寿司と言われた。例えば鮒寿司で生まれた所はびわこだ。そうかと言って人気がある寿司というわけではない、 近代のお寿司のためにたくさん進歩しなくてはいけない.

お寿司の進歩の次一歩、 はなまなれの寿司です。これから人々が米が​を食べていることが​始めた。 なまなれの寿司の例はあゆ寿司だ。なまなれ寿司はなれ寿司より早い!一年間から三年間まで廃れた。この新しい寿司は作るのに一ヶ月ぐらいかかる。つきの進歩もっと早すぎだ

安土桃山時代に、はや寿司が作られた。それは、一夜で出来る。理由は酢である。

江戸時代に 華屋与兵衛という男の人は 1799年から1858年まで生きた。 彼のおかけで今日人気の寿司がうまれた。それはにぎりずしだが他の有名なすしである。
1800時代に生まれたお寿司はちらし寿司やまき寿司だ。最近、新しいお寿司の改変はとても面白い!

このまえに、変わり寿司の女体盛りすしである。 それはちょっと。。。ちかそしきのことのでしょうかと思うけど、それはあまり普通がないが、たぶんやくざのことの場所しかない。どんな寿司でも大丈夫だがそれはお金持ちのせいかわざわざ見せびらかしていると人々が。たくさん人は女体盛り壽司に本当のお寿司のことを信じている。でも、それは、違う。本当にはお金があるの人だけをすることだ。

女体盛りすしの写真はふてきせいなのでお客様がもう知りたいと思っているならインターネットに自分で記事を探してください。(女体盛り

有名なお寿司職人
華屋与兵衛 (はなや よへい)1799-1858
  • 華屋 与兵衛さんは1799年に福井で生まれた。
  • 彼は九歳の時、江戸のお寿司屋でアルバイトをした。
  • そして、彼は毎日、お寿司やで一所懸命働いた。
  • 最後に、華屋与兵衛さんは新しいお寿司屋を開いた。
  • 日本の江戸時代に終わった時、華屋与兵衛さんは江戸前寿司握り寿司を発明した。
  • http://homepage3.nifty.com/maryy/eng/yohei.htm

緒方雅史(おがた まさし)

今田洋輔 (いまだ ようすけ)
  • 今田洋輔さんのお父さんはきゅべいお寿司屋を設立した。
  • でも、今は、きゅべいお寿司屋の主は今田洋輔さんだ。
  • 日本できゅべいお寿司屋はとても有名なお寿司屋だ。
  • 今は、七のお寿司屋がある。
  • 数のお寿司屋は、東京と大阪の一流のホテルにある。
  • http://www.sushiordeath.com/raw/sushi-chef-yosuke-imada/2007/

川澄健 (かわすみ けん)

食べ方の注意
食べ方を教えるの絵
友達や同僚一緒に、きょうようのさらなら、はしの上の方を使ったほうがいい。
だれかにはしで寿司を渡してはいけない、それはそうぎのしきてんのことです。
べにしょうがは寿司を食べた後食べると味覚をきよまれる。
握り寿司なら、魚の先を醤油にぬらす。

色々なお寿司
なれ寿司
ふな寿司
あゆ寿司
なまなれの寿司
さば寿司
はや壽司

おいしいお寿司レストラン:

結論
お寿司は本当に日本ので一番おいしい料理と思う。色々なお寿司があるので面白いそうだ。私はたぶん毎月お寿司を食べた。でもいいお寿司のレストランにしかいかない。私はまだ全部のお寿司を食べたことがないが、いつかせめて一つずつ全部のお寿司を食べたいと思う。
私は手巻き寿司とまき壽司がやはり一番大好きだ。

寿司の歴史は特に面白いとおもう。ほかのアジアの国も寿司のように食べ物を食べているので室町・鎌倉時代からきんだいまで、何人かは唐物は和物と違うのはわかるそうかもしれないけど でも 私の意見はこのことはちょっとふくざつとおもう。一方で、クローバル化世界の中でみんなが寿司を楽しむのできるのは。。。 これは一番結果のではないかとおもう。

新しい言葉
序開き(じょびらき):beginnings; origins
酢のご飯 (すのごはん): vinegar rice
ておけ :pail; bucket
抜きで (ぬきで):with out
米(こめ):rice
はっこうしていた: fermented
かさねる : to pile up; to put something on another
酸素(さんそ):oxygen
鮒(ふな):crucian carp
びわこ:Lake Biwa
近代的(きんだいてき):modern
記事(きじ):article; news story; report
廃れた(すたれた):to be obsolete
ふてきせい: inappropriate
女体盛り:(にょたいもり)  female form arrangement
改変(かんへん):change; transform; modified.
見せびらかしている:to show off; flaunt
きょうよう:sharing (sushi plate that every one eats from)
広いのサイド(ひろい): the broad side of the chopsticks
そうぎのしきてん: funeral rites
味覚をきよまる(みかく) : cleanse the palate(taste)
発明する(はつめい):to invent
勝者(しょうしゃ):winner
代表(だいびゅう):represent
受賞(じゅしょう):winning
流れ星(ながれぼし):shooting star
設立する(せつりつ):to establish
見習い(みなら):apprentice

ちかそしきのこと : underground(activity)