~ 芸者 ~

geisha.jpg


導入

日本では芸者が長い歴史があるから、大切だ。芸者は日本の伝統的な婦人のインターテイナーです。日本の大切な文化でも、色々な外国人は芸者はよく分からないと違うの考えるので、このサイトは芸者を教えています。

歴史

芸者はお客さんの前で、パフォーマンスをする女性のことだ。1600年頃、芸者は男性だけだった。1751年に、最初の女の芸者がいって、1800年には、芸者は女性だけだった。当時、色々な芸者がいた。たくさん芸者はパフォーマンスをするだけだったけど、時々一部の芸者はパフォーマンスも売春婦もした。1944年に、戦争が起きこってから、女性の芸者はやめさせられた。でも、一年後、女性に芸者復活した。芸者の人達は、伝統的な芸者が大切だと思うから、それを守っていきたいと思うっている。舞妓と芸者はおきやで住んでいる。「おきや」は「芸者の家」だ。

2367394704_5bac60789d.jpg

芸者のタイプ

芸者、色々なタイプがあるから、よく外国人は間違います。外国人は白い顔と着物と長い帯がある女の人を見た時、芸者だと思いる。でも、これはちょっと違います。実は、その人は舞妓だ。舞妓は、芸者になるために、芸者のことを全部勉強している。勉強する時、舞妓は芸者に見習いをお願いする。舞妓は顔を彩ったり、長い帯を着ているが、一方で、芸者はこれをしなくてもいい。
おきやのお母さんは、上手な芸者が年を取ると、その人に座をゆずる。お母さんが引退した後で、その人はおきやの新しいお母さんになる。


舞妓

舞妓の着物のstyleはとても特殊だ。例えば、舞妓の帯は「だらり帯」を着る。だだり帯はとても長いときれいだ。
おこぼと赤いながじゅばんを着る。
仮面であるかのように、彼らは顔を白く彩ります。

geisha1-gion.jpg



トレーニング


芸者は9歳からおきやに住み込んでトレーニングを始めます。おきやは彼らに必要な衣装、食べ物、その他さまざまなものを与えます。舞妓は一人前の芸者になるまで、彼らの稼いだお金でその分を返します。
舞妓は芸者に習い、芸者をみることから、トレーニングを始めます。彼らは1カ月間みることしかしません。また、おきやのお母さんは舞妓にどのように話し、どのように振舞うかを教えます。
次のステージは何年も続きます。先輩の芸者が芸者になるためのすべてを教えてくれます。この先輩の役割はとても重要です。先輩は舞妓の新しい名前までもを決めます。そして芸者と舞妓は日本中を一緒にまわり、固有のお客さんに舞妓を紹介します。舞妓が20歳から22歳になったら、舞妓は立派な芸者に昇格します。

as.jpg
0429_B13.jpg
伝道的の美術:
書道 、 舞踊、 しゃみせん、尺八

現在の芸者

現在の芸者は昔の芸者と少し異なっています。しかし、それでも伝統的要素を持ち合わせています。最近の芸者は中学校卒業後、高校卒業後、または大学卒業後からトレーニングを開始します。彼らは今も昔の芸者と同じ伝統的音楽とパフォーマンスを練習しています。


意見

1920年で、芸者は80000人以上ものの、今年は2000人以下ので、とても残念だ。この理由は悪い経済や伝統美術の興味を減っていると思う。芸者のことは面白いけど、芸者をする人は減っているから、私達はちょっと寂しくなった。

単語のリスト

· 芸者 (げいしゃ) - Geisha
· 伝統的 (でんとうてき) - traditional
· 美術 (びじゅつ) - fine arts
· 舞妓 (まいこ) - Apprentice Geisha
· おきや - Geisha House
· 書道 (しょどう) - Calligraphy
· 特殊 (とくしゅ) - unique, special
· 帯 (おび) - Obi (Sash)
· おこぼ - Tall sandals worn by Maiko
· ながじゅばん – Thin undergarment under a Kimono
· 舞踊 (ぶよう) - Traditional Japanese style of dance
· しゃみせん – 3 stringed traditional Japanese instrument
· 尺八 (しゃくはち)
Japanese bamboo flute