宇多田ヒカル


utada_hikaru_big.jpg

宇多田ヒカルはアメリカと日本の二つとても異なるポップカルチャーの中で 育った。その経験を生かした音楽によって日本で人気がある のだろう。彼女はクールなニューヨークの音と日本人が分かりやすい文化を両方取り入れた曲を作ったり、歌ったりする。最近宇多田は海外市場に興味を持つよ うになった。

  • 異なる(ことなる)ー to differ
  • 生かす(いかす)- arise

前 歴


日本人の親が滞在していたがニューヨークで生まれた宇多 田ヒカルは親子三代目の歌手である。宇多田のお母さんは演歌歌手で、おばあさんは 目から見えないの三味線歌手だった。その上、お父さんは 株式会社EMIミュージック・ジャパンと言う レコーディングスタジオに勤めている。その理由で、宇多田ヒカルのデビューが十二才の時だったのは不思議 な事ではない。宇多田の夢はアイドル になることではなく、むしろ歌を作ったり、歌ったりしていたかった。それを考えて、十五才の時日本に引っ越した。その次の年、大ヒット のデビューを出かけ た。

  • 演歌歌手(えんかかしゅ): enka singer
  • 株式会社(かぶしきかいしゃ): stock company

宇多田ヒカルのお母さん:

宇多田の音楽 ---異文化の人生体


宇多田さんはニューヨークで生まれたせいか、西洋の音楽に自然と 興味を持つようになった。その異文化の人生体験があって、彼女はアメリカ人の歌手のように歌い、自分の歌い方で歌った。その頃の日本のポップ音楽はたいていジャニーズとモーニン グ娘またはロックぐらいである。西洋特有であるル ズムアンドブルース は日本人の歌手は上手できないことが多い。宇多田は日本人の歌手としては英語の発音がアメリカ人並みに上手で、すぐ日本国内で特別な音 楽文化を始まった。
その後、日 本の音楽界は色々な異文化背景がある歌手に人
気が出る傾向となった。1993年のオリコンの市場調 査によると、宇多田のデビューアルバム、 First Love」は日本音楽 の歴史上一番売り上げを示している。

  • 特有(とくゆう)ー characteristic
  • 市場(しじょう): market

First Love:


アメリ カヨーロッパの受け気持ち


英 語が上手に話せるため宇多田にとって西洋に来る事は 簡単なはずだが、日本とアメリカの宣伝の仕方は全く異なる。日本ではいろいろな宣伝の仕方があり、例えばウェブや、ラジオや、音楽番組またはライブなどで 宣伝をする。その上多くの日本人はきらいな音楽ジャンルは特にない。一方で、アメリカでは音楽について宣伝方法は少なく、しかもアメリカ人は音楽ジャンル にこだわることが多い。それでも宇多田はアメリカでの宣伝に力を入れ、自分の英語のブログを 作り、CBS Early Showにも参加した。

こだわる(こたわる)ーto be particular about

ブログ


this-is-the-one.jpg
一番新たらしいアルバム


宇多田 シアトル


showbox.jpg
ショーボックスというのジャズバー
Utada+In+The+Flesh.jpg


今年の一月に、宇多田は遠くシアトルに来た。会場はショーボックスというのジャズバーだった。コンサートは七時の始まる予定だったが、シアトルの宇多田ファ ンは、午後1時から会場の外で待っていった人もたくさんいた。しかし、コンサートが始まったときにはもう午後八時に なっており、たくさん人は七時間くらい立って待っていた。コン サートはせいぜい二時間くらいだった。その二時間のために、九時間くらい一所懸命立っていたファンはとてもすばらしくないかと思う。この現象はアメリカでの宇多田人気の現れである。





宇 多田は日本音楽界に大きな影響だ。日本の音楽はもっと西洋化になるし、アメリカでもヨーロパでも宇多田の影響のせいかアジアの音楽をもっと聞くようになっ た。宇多田は日本と異文化圏の音楽交流の成功的な例である。

  • 現象(げんしょう)ー phenomenon


Utada in Seattle
http://seattletimes.nwsource.com/html/musicnightlife/2010786374_utada17.html

ソース


http://en.wikipedia.org/wiki/Hikaru_Utadahttp://en.wikipedia.org/wiki/Keiko_Fujihttp://hikki.blogspot.com/2009/02/light-rain-ume-apricot.htmlhttp://www.emimusic.jp/hikki/index_e.htmhttp://japanmusicmarketing.com/article2.htmhttp://www.youtube.com/watch?v=LKTUeNieYT8

わり